トレード記録

【2018年10月10日NZD/JPYのトレード記録】+181,000円(+34.4PIPS)

 

どうも、こんにちは「めい」です。

 

最近、中々寝付けない日が続いています。

一旦寝てしまえば、一度も起きることなく寝てしまうのですが

寝付くまで中々、時間がかかります(´・ω・`)

 

今日こそ早く寝付けるように、スマホやテレビを早めに辞めて

布団に入りたいと思います。

 

さて、話は変わりますが

本日は、「NZD/JPYのトレード記録」を紹介していきます。

 

このトレードは、2018年10月10日にトレードしたものになります。

このトレードは、綺麗な下降傾向の流れに乗って

伸びていく相場を「1時間足」で狙っていったポイントになります。

 

では、本日も「相場の流れの乗り方」や「相場から利益をもぎ取っていくエントリー方法」

「安定した利益を生み出す利確方法」などの部分について話していきますね。

 

では、私が実際にエントリーしたポイントをご覧ください↓

(↑拡大できます。)

 

NZD/USDの1時間足です。

 

まず、エントリーする際は背景で相場の「目線」の判断を行います。

目線とは、「買いゾーン」と「売りゾーン」

つまり、「買っても良いエリア」「売っても良いエリア」を2つに区別することです。

 

そして、それは一本のラインを使って真っ二つに区別していきます。

まず、背景で相場環境を把握し

『できるだけ多くの支持点があるポイント』にラインを引いていきます。

 

そうすると、「買いゾーン」と「売りゾーン」を真っ二つに区別することができます。

 

ここまでが、福沢式環境認識になりこの環境認識をしっかり行うことで

相場の流れに乗ってトレードを行うことができ

負けにくいポイントでエントリーしていくことができますので

トレードがかなり安定していきます(●´ω`●)

 

また、上の画像の1時間足には

上下を分けるラインは表示されていませんが「売りゾーン」になります。

 

そして、「売りゾーン」で支持点が多いポイントに水色のラインを引いています。

この水色ラインは、1時間足では支持点はあまり確認できませんが

4時間足や日足では機能しているラインになります。

 

ですので、この機能する水色のラインがエントリーする際に使用する機能するラインになります。

 

また、上の画像の1時間足の相場環境を行うと

右肩下がりに、綺麗な下降傾向の流れができているのが確認できますので

その下降の流れに乗ってトレードを行っていくという感じになります。

 

エントリー方法としましては、「売りゾーン」で機能する水色ラインで

2回レジスタンスされましたら「上にいけない」という状況が

かなり固いものになり、そこからMAを下抜けてくることで「下に行くしかない」という

状態になりますので、そこからさらに下降し伸びていくしかないという

”最高の条件”のもと”売り”でエントリーをしています。

(上の画像、黄緑の点線&矢印⬇︎が私が実際にエントリーしたポイントになります。)

 

今回のエントリーの際は、勢いが良い相場だったので

少しエントリーするのが遅れたのですが、まだまだ多くの利益を追求して

いくことができるポイントでしたので、エントリーしています。

 

このエントリーは、「2点底からのエントリー方法」になります。

 

この2点底からのエントリー方法は、1点底のみでも下降していく場合ももちろんありますが、

「1点底」の時よりも、「2点底」の方が”確実にラインがより固く強いもの”だと確認できるので

2点底のエントリー方法の方が、より伸びていきやすいのです。

 

ですので、1点底よりも勝率も高いポイントでエントリーすることができるのです。

 

そして、損切りに関しては、1点底と同じように

機能する水色のラインを上抜ければ損切りを行います。

理由としては、エントリーの根拠が水色のラインでレジスタンスされて

そこから、MAを絡めて下降の動きを狙っているので

この水色のラインを上抜けてしまうと、その根拠が崩れてしまうからです。

 

では、エントリー後のチャートをご覧ください↓

(↑拡大できます。)

 

エントリー後の相場を見ていただくと、勢いよく下降しかなり伸びているのが確認できます!

 

また、利確はいつも通りに「固そうなライン」までを狙って利確するんですが、

上の画像には、いつも利確目安としている「固そうなライン」がありませんので

そういった場合は、4時間足や日足で「固そうなポイント」を見つけ利確目標にします。

 

ですが、その固そうなポイントが4時間足や日足でも的確なポイントに場合は、

「直近の安値」を目安に利確を行います。

(上の画像の赤ラインが「直近の安値」になります。)

 

また、私が利確したポイントは、

細い白ライン付近になり「73.065」のポイントになります。

 

この利確方法については、伸びていく全ての動きを取るのは不可能だからこそ

「固いポイント」までをしっかり取っていくという利確方法になります。

 

なので、意識されているポイントを利確目標と決め

そこまでを狙っていく感じになります。

 


(↑拡大できます。)

NZD/USD : 5Lot (50万通貨) 「売り」

エントリー :73.112

決済 : 72.750

+181,000円(+34.4PIPS)


 

今日のトレードは、「2点底からのエントリー方法」で

利益を上げたポイントについてお話してきました。

 

本日の大切なポイントは、機能するラインでしっかり2回レジスタンスを

確認してから、さらにMAを絡めてエントリーしていくという点になります。

 

今後もトレード記録や私のトレードに関する知識を

配信していきますので、引き続き見ていただき参考にしていただければ嬉しく思います(*^▽^*)

 

では、最後までご覧いただきありがとうございました!

 

では、また次回の記事で、

 

めい🌸🌸


私が愛用し信頼している口座はこちらになります↓

レバレッジ888倍で海外FX業者の中では最大手で信頼性も高く文句なくNo.1です!

入出金手数料ももちろん無料です(●´ω`●)


ブログランキングに参加しています☆

↓クリックしてください↓

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へにほんブログ村


海外FXランキング

それぞれクリックしていただけると嬉しいです(*^▽^*)


 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

私の愛用口座はこちら⬇︎

最近の記事

  1. トレード記録

    【2019年2月5日 NZD/USDのトレード記録】+54,097円(+8.2P…
  2. トレード記録

    【2018年9月19日EUR/USDのトレード記録】+31,907円(+28.4…
  3. トレード記録

    【2018年11月28日EUR/CHFのトレード記録】+56,027円(+8.2…
  4. FXのテクニカルの話

    負けトレード編「反省点&改善点」
  5. トレード記録

    【2019年3月5日 EUR/GBPのトレード記録】+85,061(+9.6PI…
PAGE TOP